虎狼吼える

暴れ旗本御用斬り

徳間文庫

井川香四郎

2012年4月30日

徳間書店

691円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「御命を頂戴する」という脅し文が、三河吉田藩主・松平信明の元に届いた。彼は筆頭老中・松平定信が推し進める“寛政の改革”を担う幕閣の一人。信明への怨恨か、定信に失脚させられた前老中・田沼意次の一派の企みか?そんななか、実母の見舞いと、弟・信武が夜な夜な辻斬りをしているとの噂を追及するため、信明は国元へ。大河内右京は、大目付として、事件解決のため、東海道を下った。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください