ぜえろく武士道覚書 斬りて候上

徳間文庫

門田泰明

2020年11月6日

徳間書店

770円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京に続発した押し込み惨殺事件。東町奉行所同心・常森源治郎が闇の事件の謎を追うが、同心仲間も次々と犠牲となり探索は難航をきわめた。そんな中、絶世の美と気品を兼ね備え、凄まじい剣の腕を持った松平政宗と名乗る男の助力を得て犯人を追った。やがてオランダ人を母に持つ大宮窓四郎という男が浮上する…。大衆文学の荒野を激走する門田泰明時代劇場の神髄!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください