家族療法の基礎理論

創始者と主要なアプローチ

リン・ホフマン / 亀口憲治

2006年3月31日

朝日出版社

3,080円(税込)

美容・暮らし・健康・料理

ひとりの「病人」に、ひとつの「病因」があり、それに対処するために薬物を投与するのではなくー人と人との関係=システムから精神病をとらえる。ウィーナーの「サイバネティックス」、シャノン、ベルタランフィー、そしてグレゴリー・ベイトソンを理論的支柱とし、プリゴジンやマトゥラーナを取り入れた新しい方法論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください