連帯惑星ピザンの危機改訂

ソノラマ文庫

高千穂遙

2000年11月30日

朝日ソノラマ

607円(税込)

ライトノベル

西暦2161年。人類は恒星間飛行を可能にし、多くの太陽系に植民して銀河連合をつくっていた。その宇宙開拓を担ったのは、クラッシャーと呼ばれる男たちである。危険物の輸送から惑星改造まで、依頼されれば何でもこなす宇宙のエキスパートだ。その一人、若い腕利きのジョウは、三人の仲間と共に連帯惑星ピザンへと向かっていた。王女アルフィンの依頼で、反乱軍からピザンを奪還するために。-傑作スペース・オペラが加筆修正の上、新装版で再登場。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar 4

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

4

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください