D-白魔山(下)

ソノラマ文庫

菊地秀行

2005年7月31日

朝日ソノラマ

523円(税込)

ライトノベル

シーラ山の雪に閉ざされた山腹を突き破って出現した城の内部には、城主である最凶の貴族ギルゼン、彼を守護する騎士団と兵士の他にも、恐るべき存在がDを待ち受けていた。一万年前に不時着してギルゼンに捕獲され、吸血鬼と化した異星人である。ギルゼンは異星人の超技術を使って、己れを含めた住人もろとも城を時の流れから切り離していたのだった。甦ったギルゼンの願いは“神祖”に対抗する野望の実現である。それには、Dが必要だった。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

5

未指定

5

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください