べてるの家の「非」援助論

そのままでいいと思えるための25章

シリーズケアをひらく

浦河べてるの家

2002年6月1日

医学書院

2,200円(税込)

人文・思想・社会

浦河べてるの家は、精神障害をかかえた人たちの有限会社・社会福祉法人である。昇っていく生き方はもうやめた。リハビリなんて諦めた。病気の御旗を振りながら、べてるは今日も明日も降りてゆく。苦労と出会うために「商売」を。悩みをとりもどすために「経験」を。「弱さ」と「語り」をキーワードにした、右肩下がりの援助論。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

3

未読

2

読書中

2

既読

3

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください