ドラゴン・スレイヤー・アカデミー(2-1)

ケイト・マクミュラン / 神戸万知

2006年8月31日

岩崎書店

880円(税込)

絵本・児童書・図鑑

ウィリーは、小さくて気の弱い男の子です。でも、すごい勇者になりたくて、「ドラゴン・スレイヤー・アカデミー」に入りました。ある日、ともだちのアンガス、エリカと三人で、校長のお使いにいくとちゅう、魔法使いのゼルノックに会ってしまいました。おそろしい森をとんでこえていける呪文をたのんだら…。「ぎゃあー!ぼくたち、ドラゴンになっちゃった」。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstarstar 5

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

7

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

まるいようや7さい

年長の男の子が気に入りました。

starstarstarstarstar 5.0 2019年11月04日

このお話は、たくさんシリーズがあるよ。 紹介するお話は、ドラゴンを退治するドラゴン・スレイヤー・アカデミーがドラゴンになってしまう話。 ドラゴンが、ドラゴン・サボリ・アカデミーに紛れこんじゃう。 魔法をかけられた生徒はゼルノック。 悪いことはしていない。 お腹の大きいアンガスが、「けん王のこげズボン!」と言ったところが面白かった。 だって、ズボンが焦げていたから。 登場人物は、コゲツキニック、ゼルノック、ウィリー、エリカ、アンガス。 エリカは、男の子しかドラゴン・スレイヤー・アカデミーに入れないけれど、女の子。 実は、王女さま。 僕は、コゲツキニックが好き。 フライパンを燃やすところが好き。 この本は、ケイト・マクミュランというアメリカの人が英語でお話を書いたのを、 神戸万知という人が日本語に翻訳したんだよ。 ドラゴンの気持ちになれるお話。 ドラゴンが大好きな人におすすめ。 だそうです。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください