若さま侍捕物手帖(2)

時代小説文庫

城昌幸

2009年2月28日

武田ランダムハウスジャパン

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

桜の花の咲いた散ったが噂にのぼる春の昼下り。例によってだらだら酒の若さまのもとへ、お馴染みの小吉が、不可解な事件を持ち込んできた。ひと晩のうちに同じ人気役者が豪商の娘と芸者と別々に心中し、大量の血痕を残して姿を消したという。「さァて…」若さま、「どこから手をつけるか」『まぼろし力弥』ほか江戸情緒満開の全九篇。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください