火の姫

茶々と信長

文芸社文庫

秋山香乃

2011年2月28日

文芸社

836円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

於市は兄・織田信長秘蔵の姫と言われ、信長の命で浅井長政に嫁して、於茶々、於初、於江という美しい三姉妹をもうけ、江北の地で幸せに暮らしていた。「天下布武」を宣言した信長は、朝倉討伐のため上洛した。夫・長政は朝倉側につき、信長と戦火を交えることとなった。風雲急を告げる小谷城。伯父・信長の野望のまえに翻弄される、於茶々たちの命運はー!?織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、天下の覇者をめぐる、「茶々と戦国武将」三部作の第一弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

0

読書中

0

既読

6

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください