飛騨十三墓峠殺人事件

文芸社文庫

木谷恭介

2012年4月30日

文芸社

748円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

東山芸能の社長・楠田裕司が舞台の袖で殺された。社長は「ホテル瑞祥だ…」という謎の言葉を残して死んだ。この舞台では、藤代まゆみの歌謡ショーが催されていた。藤代まゆみは、五年前、西脇智早から新曲を盗り、その歌で、大スターになっていたのだった。事件を目撃した西脇智早と八巻夕規子だったが、数日後、今度は八巻夕規子が殺された。親友を殺され動揺する智早の前に、宮之原と名乗る警察庁の警部が訪れたー。芸能界の裏に潜む愛憎劇に、警察庁広域捜査室・宮之原警部と室長・小清水峡子コンビの推理が冴える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください