怒涛の世紀(第10部)

文芸社文庫 新編日本中国戦争

森詠

2016年12月31日

文芸社

990円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

いよいよ台湾解放戦争は、最終段階に入っていた。中国の後押しで出来たクーデタ政権は、中国の軍事支援を要請し、台湾全土を支配しようとした。それに対して高雄に避難した民主台湾政府は国連に訴え、国連PKF部隊の派遣を要請。その要請に基づき、国連PKFが軍事介入して、中国軍との真っ向対決した。果たして台湾解放はなるのか?一方、中国内部では、新疆ウイグル自治区やチベットの解放闘争が激化、東北地方でも満洲共和国独立、華南での華南共和国分離独立をめざす動きがさらに加速し、中国は大乱に揉まれはじめた。大陸や台湾の激動は、日本や米国を根底から揺り動かす!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください