籬の菊

文芸社文庫

阿岐有任

2019年4月30日

文芸社

792円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

兵部の君こと源基子は、東宮・尊仁親王の第一王女に仕える女房。ある日乳姉妹の中納言の君から「京極殿(右大臣藤原師実)の子を授かった」との手紙が届く。乱れた世相の中、東宮御所には怪物・鵺が現れ、妊娠した中納言の君はやつれ果て、兵部もまた御所に「穢れ」を持ち込んでしまう。事態は人智を超えて錯綜し、愛憎の糸は複雑にも絡み合う。時代を超えて紡ぎ出される平安デウス・エクス・マキナ劇。歴史文芸賞(文芸社主催)最優秀賞受賞!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください