甲の薬は乙の毒 薬剤師・毒島花織の名推理

宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ

塔山 郁

2020年5月9日

宝島社

803円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

薬剤師の毒島さんはその知識を活かし、これまで数々の薬にまつわる不思議な出来事を解決してきた。きちんと管理しているはずの認知症の薬が一種類だけ消えるのはなぜ?筋トレに目覚めた青年が抱える悩みとは?ホテルマンの爽太はいつものように毒島さんに相談をするが、ある日から彼女は「今までは言わなくていいことを言い過ぎていた」と言って推理を教えてくれなくなり…。ウイルスと薬の関係や糖尿病対策など、生活に役立つ知識も満載の薬剤師ミステリー!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstarstar
star
4.05

読みたい

11

未読

4

読書中

2

既読

23

未指定

18

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください