盲目の女神

井上淳(小説家)

2002年2月28日

河出書房新社

1,760円(税込)

小説・エッセイ

閑静な住宅街で発生した一家惨殺の猟奇殺人。現場には、被害者の血液で描かれた“J”の文字が残されていたー。類を見ない事件の異常さに、警察は大規模な捜査本部を設置する。捜査の中で、本流を外れた刑事が知った日本社会の重層な闇と現実。そして、唯一の生存者が疑われた理由とは?犯人は、なぜ、その一家を殺さなければならなかったのか…。環境問題、差別、そして狂気…。構想から2年半ー、サイコミステリーの大作、ついに刊行。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstar 3

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

2

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください