父を想う

ある中国作家の自省と回想

閻連科 / 飯塚容

2016年5月26日

河出書房新社

2,420円(税込)

人文・思想・社会

小学校の美しい先生、都会から来た女の子、下放で村を訪れた知識青年たち、難病を患う長姉、毛沢東語録、『紅楼夢』…。父の世代の苦労と努力は、次の世代を育む土嬢・陽光・雨水であった。人間の尊厳と人生に対する深い理解を示す傑作エッセイ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください