パラノイア合衆国

陰謀論で読み解く《アメリカ史》

ジェシー・ウォーカー / 鍛原多惠子

2015年8月14日

河出書房新社

2,970円(税込)

人文・思想・社会

陰謀論は少数派の特徴ではない。それは政治の中枢から末端まで、植民地時代から現在まで、政治のあらゆる時と場所において強力な影響力をもちつづけている。ジェシー・ウォーカーは本書で、この膨大な歴史を調べ上げた。陰謀説はただ信じたり虚偽と暴いたりするだけのものではないーある物語がまことしやかに語られるとき、それはその物語を信じて繰り返し語る人びとの不安や経験についてなんらかの真実を伝えているのである。17世紀の建国から現代までにおよぶ歴史において、著者はアメリカの政治やポピュラーカルチャーに何度も立ち現われる陰謀論を、めまぐるしく展開する。広範な調査とユーモアによって、本書はアメリカの影の精神史をスリリングに叙述することに成功した。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください