東西不思議物語

河出文庫

澁澤龍彦

1992年9月30日

河出書房新社

726円(税込)

小説・エッセイ

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

starstarstar 3

読みたい

0

未読

11

読書中

0

既読

10

未指定

14

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstar 3.0 2021年11月20日

 主に西欧と日本に伝わる不思議な話を比較紹介したエッセイ。不思議な話は怪談だったり、近年の都市伝説的なものだったり、神話伝説に類するものだったり、歴史上のエピソードだったりとさまざま。二頭蛇、うつほ舟、姑獲鳥、天女の接吻、邪視、栄光の手、死の舞踏、神隠しなどなどと話題は多岐にわたる。  澁澤のエッセイのうちでは、かなり軽めで読みやすい方だと思うが、自分には少し物足りなかったです。洋の東西を問わず、似たような伝承や出来事が記録され、伝えられてきたというのは、思うだに不思議な感じがする。結局のところ、人間に想像できることというのは、国や文化は違えど大同小異ということなのかもれない。

全部を表示

あまり

(無題)

starstarstar 3.0 2021年07月10日

 主に西欧と日本に伝わる不思議な話を比較紹介したエッセイ。不思議な話は怪談だったり、近年の都市伝説的なものだったり、神話伝説に類するものだったり、歴史上のエピソードだったりとさまざま。二頭蛇、うつほ舟、姑獲鳥、天女の接吻、邪視、栄光の手、死の舞踏、神隠しなどなどと話題は多岐にわたる。  澁澤のエッセイのうちでは、かなり軽めで読みやすい方だと思うが、自分には少し物足りなかったです。洋の東西を問わず、似たような伝承や出来事が記録され、伝えられてきたというのは、思うだに不思議な感じがする。結局のところ、人間に想像できることというのは、国や文化は違えど大同小異ということなのかもれない。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください