思索の淵にて

詩と哲学のデュオ

河出文庫

茨木のり子 / 長谷川宏

2016年2月8日

河出書房新社

814円(税込)

小説・エッセイ / 人文・思想・社会 / 文庫

「わたしが一番きれいだったとき」などで知られる国民詩人茨木のり子の厳選二十八篇の名詞に、ヘーゲル研究の第一人者である在野の哲学者がエッセイで応える極上のコラボレーション。詩と散文が交響する、至福のひととき。没後十年を迎える詩人との、異色の一冊ともいえる詩文集の、待望久しい初文庫。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

19

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください