日本の偽書

河出文庫

藤原 明

2019年5月8日

河出書房新社

836円(税込)

人文・思想・社会 / 文庫

記紀以前の歴史を記述した偽書の意味とは?超国家主義と関わる『上記』、同じく竹内巨麿という教祖が伝えた『竹内文献』、東北幻想が生んだ『東日流外三郡誌』『秀真伝』、聖徳太子撰の最古の国史と触れこんだ『先代旧事本紀』など、物議を醸した“太古文献”が夢想した超古代史の共同幻想に挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(2

star
star
1.4

読みたい

0

未読

1

読書中

1

既読

5

未指定

19

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください