ジャンキー

河出文庫

ウィリアム・シューアード・バーローズ / 鮎川信夫

2003年12月31日

河出書房新社

1,320円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

『裸のランチ』によって驚異的な反響を巻き起こしたバロウズの最初の小説。ジャンキーーつまり、回復不能の麻薬常用者とは、バロウズ自身の十五年にもわたる自伝的告白に他ならない。「なぜ麻薬常用者になるのか?」-麻薬は快楽の刺激剤ではない、麻薬は生き方なのだーギンズバーグの序文といくつかの削除部分を加えた完全版。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

1

未読

2

読書中

0

既読

5

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください