島とクジラと女をめぐる断片

河出文庫

アントニオ・タブッキ / 須賀 敦子

2018年3月6日

河出書房新社

814円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

居酒屋の歌い手が、ある美しい女性の記憶を語る短編「ピム港の女」のほか、難破をめぐる物語、滅びゆくクジラと捕鯨手たちの歴史的考察、ユーモラスなスケッチなど、夢とうつつの間を漂う“島々”の物語。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.6

読みたい

5

未読

5

読書中

1

既読

11

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください