美しい鹿の死

オタ・パヴェル / 千野栄一

2000年2月29日

紀伊國屋書店

1,760円(税込)

小説・エッセイ

「美しい鹿の死」-それは、森の動物たちが集まる泉の名前。ユダヤ人の父親は、強制収容所に送られる息子のために、みつかれば銃殺されるのを覚悟で、犬のホランを連れて、鹿の密猟に出かける。ナチスが来るまでは、家族でキャンプをし、釣りを楽しんだ、プラハ郊外の美しい川辺に、身を横たえながら…。「チャペックの再来」待望の邦訳。破天荒だが憎めない父親と、暖かな家族の絆を描いた、戦後チェコ文学のベストセラー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください