はやわかりMathematica

榊原進

1995年12月10日

共立出版

1,980円(税込)

科学・技術

本書はMathematicaの基本を学ぶための入門書で、初学者が短期間でMathematicaを修得できることを目標にしている。Mathematicaは、数式処理、数値計算、構造化データの処理、グラフィックス、サウンドなどを同一環境において扱える、コンピュータによる数学の統合的なシステムである。インタプリタ型で、数式とほとんど同じ形で式を入力すれば、即座に答えが得られる。豊富な組込み関数を持っていて、プログラミングをすることなく、さまざまな計算を行うことができる。グラフィックスは強力で、これを利用して計算結果を視覚化することも容易である。本書は、最も基本的な項目について厳選した機能を適切な順で提示し、なるべく効率よくMathematicaを学習できるように書かれている。それぞれのデーマは1ページ、または見開きの2ページに収められ、実践的な例によって解説される。初学者がMathematicaを初めて使うときの自習書として、また、チュートリアル講習会におけるテキストとしても使えることを目的とする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください