PKIと電子社会のセキュリティ

青木隆一 / 稲田龍

2001年10月31日

共立出版

3,630円(税込)

パソコン・システム開発

本書は、電子社会におけるPKI(Public Key Infrastructure)の概念と役割を著したものである。公開鍵暗号方式を出発点として、PKIの各機能を成立させている概念、PKIの役割、PKIの限界を著した。単にPKIの規約を解説するのではなく、PKIという標準規約の裏側に隠れたモデルを明らかにする。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください