Rではじめるソーシャルメディア分析

Twitterからニュースサイトまで

Raghav Bali / Dipanjan Sarkar

2019年12月10日

共立出版

5,170円(税込)

パソコン・システム開発

本書は、Rを用いたソーシャルメディア分析の入門書である。ここでいうソーシャルメディアとは、TwitterやFacebookに代表されるSNS(ソーシャルネットワークサービス)とほぼ同義である。このようなサービスの多くはWebAPIの形で外部にデータを提供しており、本書はこれを利用したさまざまな分析例を紹介している。まず第1章において、Rの導入とソーシャルメディア分析の基本的な流れを紹介する。Rの導入についても過不足なく説明され、初心者でも勘どころを押さえながら読み進めることができる。第2章以降は、さまざまなソーシャルメディアにおける具体的な分析例を紹介していく。読者は本書を通じて、ソーシャルメディア分析を実施する際に、どのようなデータソースがあり、そこでどのような分析が可能か、という分析のイロハを身につけることができる。データサイエンティストとして分析力を身につけたいが、手もとにサンプルデータ(例えば有名なアヤメのデータ(iris))しかなく、実データ(いわゆるリアルワールドデータ)は持っていない、といった方に最適な1冊。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください