英語は「教わったように教えるな」

若林俊輔 / 小菅和也

2016年6月20日

研究社

2,750円(税込)

語学・学習参考書 / 人文・思想・社会

誰よりもラディカルに、誰よりも熱く英語教育について語ることを好んだ若林俊輔。単行本未収録の雑誌記事を中心に氏が遺した膨大な数の論考から、混迷する現在の英語教育を考えるうえで補助線となると思われる記事を独自にピックアップし一冊にまとめた。英語教育をマジメに考えるのであれば、一度はくぐり抜けておきたい論考の数々!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

Readeeユーザー

(無題)

-- 2021年02月15日

第1章 いっとう りょうだん 第2章 つまずく生徒とともに 第3章 英語授業学の視点 第4章 ことばの教科書を求めて 第5章 英語教育の歩み 第6章 英語教育にロマンを 不章 英語の素朴な疑問に答える 一見、挑戦的な物言いをされる先生なので、そういうのが苦手な人には向かない本です。 ですが、読み進めると、「理解するということはどういうことか?」というような本質論を大切にされ、また、大人の都合で決めた”理想の型”に子どもをはめることで”出来ない”子どもを生み出す学習やテストのあり方に疑問を呈するなど、言語としての英語や個々に素質を秘めた生徒一人一人を大切に想う姿勢に感銘を受ける本でした(小さい疑問を大切にし、その一つ一つに対する考える姿勢を大事にする、というのはリブログした東大の先生が仰ることと相通じる点がありますね)。 私自身、英語は高校時代に一人の先生と出会ったことでテストの成績が飛躍的に伸び、大学受験における英語は得意科目でした(指導された勉強方法は、教科書の丸暗記です)。 ですが、”受験英語に強い”ことと、”英語を使える”ということは別の話で、社会人になってからはその壁にぶつかって四苦八苦しています。 若林先生はそもそも論として英語のテストの在り方に対して疑問を呈すと同時に改革案を提示され、辞書の持ち込み可など、その改革案の幾つかは現在の英語入試に取り入れられています。 もう一つ、私がしていたような機械的な丸暗記による英語学習法を憂き、英語という言語に対する好奇心をもっと大切にすべきと説いておられます。 現在、上娘はRaz-KidsのKitty先生クラス(★)のお世話になっていますので、毎日音読をしていますが、その際に、私は”自分が教わったように”娘には、機械的に英語を音読させてきました。 ですが、Raz-Kidsを媒体として上娘と対話をするよう意識すると、子どもなりの好奇心に満ちた英語に対する疑問があるのですよね。 英語についても、もっと子どもたちの好奇心を大切にする働きかけをしよう、”教わったように教えてはいけない”と、そんな大きな気付きのあった一冊でした。 蛇足ですが、主人と私の間で、「Is this an apple ?」等々、今でも時々中学の英語教科書の会話文のナンセンスさが話題になることがあります。 本書でもそれは指摘されているのですが、私がこれまでRaz-Kidsという教材を違和感を抱くことなく使ってきた理由の一つに、”英語文の不自然さが無い”ということがあるのに今更ながら気付きました。 若林先生が全否定しておられる英検もそうですが、日本人による日本人のための検定や教材というのは、それに貴重な時間を投入する意味があるのかという観点から今後よくよく吟味するつもりでいます。 因みに、色々な動向を見極めながら、且つ、検定を受けることが英語学習の目的にすり替わることのないようにということを考えながらの判断になりますが、検定を受けるとしたら、我が家はTOEFL Primaryを今のところ考えています。 以下、備忘録のメモ書きです。 ハイビスカス小学校への英語教育導入-それは我が国の基本教育の破壊である 小学校における教育は、国民として、あるいは人間として必要な、基本的な教養・知識・技能を身につけさせることを最大の目標とする、と私は考えている。 小学校では、国語の教科で「日本語」をきちんと教えてもらいたい。 自分の意見をはっきりと言える子どもを育ててもらいたい。 そしてことばづかいを教えてもらいたい。 ~ 日本語の読み書きがきちんと出来る子どもを育ててもらいたい。 言葉の意味をきちんと見分ける力をつけてもらいたい。 ~ 算数もきちんと教えてもらいたい。 カナヘイ花 6÷2にはふたとおりの意味があるのだが、それは何か カナヘイ花 ある数を分数で割るときには、その分数の逆分数をかけるのだが、それはなぜか と尋ねても、それにまともに答えられる(英文科の)学生はほとんどいない。 ハイビスカス第1章 解説 表面的な理解にとどまらず、「なぜ」を理解する、理解させることに徹底してこだわるべき。 つながる花1 ?や!の由来は つながる花1 $の記号の由来は つながる花1 なぜ不定詞というのか つながる花1 なぜ分詞というのか つながる花1 Dの小文字はなぜdなのか 等 ハイビスカス母語をつぶすつもりか 侵略者によって母語を放棄させられ、その侵略者の言語を強制された例は、世界史にはいくらでもある。 ~ しかし、私のわずかな知見からも、母語を自らの意思によって放棄し、多民族の言語を自らの言語としようと発想した民族があったことは知らない。 ~ 明治維新直後、後に文部卿となった森有礼は、日本の言語を日本語から英語に変えたいと考え、合衆国Yale CollageのWilliam D. Whitney教授に相談を持ちかけたが、教授から「ゆっくりと落ち着いて考えなさい」とたしなめられた。 ~ 私の論は明確である。 母語を大切にしよう、である。 ~ 日本の日本語を母語とする一般庶民は、日常の生活は「英語」とは全く無縁である。 日本語によって十分のその生計を営んでいる。 なにゆえに、平穏な生活に「英語」を強制しなければならないのか。 「英語」などというものは、庶民の生活にとっては、単なる「飾り物」にすぎない。 ハイビスカス第3章 解説 若林氏は、~生徒の個性を認めようとし、多様性を尊んだ。 そして画一性を疎んじた、いや、憎んだといってもよいだろう。 「観点別評価」が話題となっていた頃、「じっくり物事を考えてから、言葉少なく慎重に発言する子は点数がもらえないんだね」と言われてドキっとしたことがある。 学びの型には唯一の「理想型」があると、浅はかにも思いこんでいる自分に気付かされたからである。 ~ 氏の言葉は「いろいろな学習スタイルがあり、その優劣はつけがたいし、ましては1つの型に押し込もうとするのであれば、それはもはや教育ではない」というメッセージとして胸に響いた。 ハイビスカスことばの教科書を求めて ページを操るうちに、腹の底から震えだすほどの感動を覚えた。 『にほんご』である。 にほんご にほんご 1,620円 Amazon いろんな ことばを いろんな いいかたで ろくおんして きいてみよう たとえば「おおきな ぞう」って ちいさいこえで はやくちで いってごらん。 なんだか へんだね。 うれしそうに「かなしい」って いってごらん。 うそついてるみたいだね。 ろんおんした こえが だれのこえか あてっこしてみよう。 こえも かおと おなじように ひとりひとりちがうね。 私は、こういう文章を見ると、思わず声に出して言いたくなる。 実際に出してみる。 そして、自分自身がかつて受けた「国語」や「英語」の授業の中では経験しなかった感動を覚えるのである。 ハイビスカス会話形式の教材のこと 英語教科書に出てくる会話には味わい深さなどカケラもないし、そもそも初めと終わりがない。 そんなことを入門機の教科書に要求することはドダイ無理なのである。 そういうことで、私は入門機の教科書には「会話」は無理だと言う。 私が推奨するのはone-way communicationである。 自分の言いたいこと、言うべきことが一方的にきちんと言える教育をする。 それも「好きだ、嫌いだ」とか「私の家族」といったヤワな内容でなく、 つながる花1世界地図が説明できる つながる花1天気図が説明できる つながる花1楽譜の説明ができる つながる花1跳び箱の跳び方が説明できる つながる花1ワープロの使い方が説明できる といったように、客観的に冷静に語ることができるようにするのである。 教科書はそのような見本を掲げればよい。 ハイビスカス優れた英語教科書出現の条件-検定制度がなくなれば優れた教科書が現れるか 描けない夢を敢えて描けば次のようになる。 1 中学校3年間で、少なくとも3000語から5000語の単語を教えたい 2 「除実法」と「仮定法」の両方を中学校で教えたい 3 中学校で、綴りと発音の関係を完全に教えたい English Through Pictures: Book 1 and a First Wo... English Through Pictures: Book 1 and a First Wo... 1,488円 Amazon English Through Pictures: Book 2 and a Second W... English Through Pictures: Book 2 and a Second W... 1,304円 Amazon English Through Pictures: Book 3 (English Throu... English Through Pictures: Book 3 (English Throu... 1,234円 Amazon ENGLISH THROUGH ACTIONS ENGLISH THROUGH ACTIONS 3,672円 Amazon Foundations for English teaching Foundations for English teaching 0円 Amazon ハイビスカス第4章 解説 今までそうだったからという理由だけで、自分も同じように行うのはやめよう。 何を行うにしても、ことの本質を自分で確かめ、その本質を実現するために、日々の指導を行おう。 過去に縛られることなく、自由に発想しよう。 あらゆる種類の自由を確保することが教育には大切である。 ハイビスカス知的好奇心に応える英語教育 つながる花1 m、g、?、?、dl、ha とは何の略か つながる花1 √ は何の文字の変形か つながる花1 角柱、円柱、角錐、円錐 とは つながる花1 一の位、十の位 とは つながる花1 元素記号はそれぞれ何の略か 等

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください