神楽が伝える古事記の真相

廣済堂新書

高見乾司

2017年3月31日

廣済堂出版

1,100円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

アマテラスやウズメ、海幸彦など、『古事記』でおなじみの神々が登場する神楽。しかし、『古事記』の物語をそのままなぞっているわけではない。日本列島には、大和政権の担い手である渡来民がやってくる以前から、自然と共生して暮らしてきた人々がいた。その先住民の伝承ー縄文にまでさかのぼる古層の記憶や、渡来民との衝突と和解の物語ーが、神楽にはひそやかに織り込まれている。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

1

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください