出雲いにしえ殺人事件

長篇旅情ミステリー

広済堂文庫

木谷恭介

1996年2月1日

廣済堂出版

597円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

製薬会社の社長令嬢・橋田久子は出雲伝説に興味を持ち、白血病と闘いながら綿密な研究を重ね、『もう一つの邪馬台国』という著作を手がけていた。しかし、取材に出かけた玉造温泉で何者かに日本刀で惨殺されてしまう。捜査に乗り出した遊撃警部・宮之原昌幸は久子の陰に見え隠れする男の存在とフロッピーに入れられていた原稿の行方を追うが、さらに出雲の郷土史家が毒殺されてしまう。好評宮之原シリーズ。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください