京都除夜の鐘殺人事件

長篇旅情ミステリー

広済堂文庫

木谷恭介

1997年1月31日

廣済堂出版

597円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

京都で小さなバー『ひらせ』をやっている玻奈子から、除夜の鐘を一緒に撞きませんか、と誘いを受けた宮之原警部は、大晦日当日京都へ向かう。しかし、撞くはずの等覚寺の鐘が何者かに盗まれ、その夜、寺の住職が殺される。さらに真相を追う宮之原の前に人気芸妓・染弥が現われるが、彼女のかつての恋人で有名な画家・利根山泰二も死体で発見される。鐘に秘められた過去と連続殺人の謎に宮之原警部が挑む。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください