柳生斬魔剣

長篇時代小説

広済堂文庫

亜門洋一郎

1997年10月31日

廣済堂出版

597円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

関ヶ原の合戦から六年。柳生の里を飛ぶように駆ける美少女がいた。柳生石舟斎の末娘で、新陰流第一の遣い手である兵庫助が舌を巻くほどの天才剣士・澪であった。そして、徳川家の剣術指南役として秀忠に仕える但馬守宗矩は、出世のため、その美しさと剣の腕を利用しようとしていた…。「日本文芸家クラブ大賞」各選考委員の絶賛を浴びた、新進気鋭の受賞作が書下ろし文庫でここに登場。日本文芸家クラブ大賞受賞作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください