「冬の蝶」殺人事件

ミステリ小説

広済堂文庫

木谷恭介

2004年3月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

OL・西野奈穂の父・信宏は医療機器販売会社の支社長だったが、社内のセクハラ事件をきっかけに派閥抗争に敗れ、京都へと左遷される。新幹線で赴任先へ向かったはずの信宏だが、その後行方不明となり一週間後、静岡県袋井市の峠で死体となって発見される。奈穂は父の足取りを追いながら熾烈な売り込みに絡む多額のリベート、それに群がる政治家や役人など、医療現場の汚れた実態を知る。宮之原警部とともに事件の究明をしていくうちに明らかになる父の実像とは。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください