黒部渓谷殺人事件

ミステリ小説

広済堂文庫

梓林太郎

2004年8月31日

廣済堂出版

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「スキャンダルをバラされたくなければ山に登れ」エリート銀行員・相原亮介に、一本の奇妙な電話が掛かってきた。彼は、部下であった女子行員と肉体関係を持ったあげく、自殺へと追いやっていた。脅迫者の命令に、やむなく従った相原だが、残雪の立山で彼を待っていたのは、女性の全裸死体だった。相原の登攀ルート上に死体を置いた犯人の目的は、一体何なのか?出世の妨げを排除するべく、見えぬ電話の主と動機を探る相原。だが、醜聞の発覚を恐れ脅迫に屈して、再び山に登った彼の前には、第二の死体が…。傑作長篇山岳ミステリー。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください