武士の道

百姓侍人情剣

広済堂文庫

笠岡治次

2007年2月28日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

北町奉行所定町廻り同心・神岡茂平。侍身分として、ようやく地に足が着きだしたが、武家のしきたり、家格や体面を疎ましく感じていた。そんな思いを払拭するべく、茂平は、むかし世話になった香具師の元締・飯岡長兵衛一家を訪ねようと出かけた。途中、両国橋から身を投げようとする娘に出逢った。百人斬りとも噂され、一廉の剣の腕を持つ茂平も、身投げを止めるよう説得するのは、初めての経験だった。結果、川へ飛び込み、溺れる娘を扶けた茂平だったが、娘はとんでもない事情を抱えていた。さらには、飯岡一家も巻き込んだ騒動へと発展してゆく…。書下ろし長篇人情時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

1

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください