からくり糸車

百姓侍人情剣

広済堂文庫

笠岡治次

2009年7月31日

廣済堂出版

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

上州での百姓仕事が嫌になり、江戸へ出て香具師の見習い、そして検客の内弟子から、北町の定町廻り同心の養嗣子となってお役を襲った神岡茂平。破天荒な道を歩んできた茂平が持ち場にしている板橋宿の長屋で、小間物屋の女房が殺された。下手人探索に走り、聞きこみを始めると、良妻との評判だった。だが亭主は、悪妻だったという。動機も証拠も挙がらず、奉行所は亭主に嫌疑を掛けるが、茂平は何故か違和感を抱いた。そして、女房の身辺を調べ、実家に行くと、意外な事実が…。江戸情緒溢れる人情時代小説。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください