愛染夢想剣改訂版

日暮左近事件帖

広済堂文庫

藤井邦夫

2010年3月31日

廣済堂出版

680円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

亡父の残した借財のことで、公事宿・巴屋を頼ってきた錺職人の弥七が、交渉相手であるもぐりの公事師、梅次殺しの科で捕縛された。事件の真相を探ろうと、巴屋の出入吟味人・日暮左近は、弥七が持っていた手控帖に書かれていた、目黒白金村生まれの五人の女の中から、観音像の彫られた手鏡を持つ者を探し始めるが、その裏には幕閣をも巻き込んだ、醜い争いが隠されていた…。夢想流の憤怒の刃が闇を裂く!好評シリーズ第三弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください