木戸の口封じ

大江戸番太郎事件帳18

広済堂文庫

喜安幸夫

2010年12月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

四ツ谷左門町の木戸番・杢之助は近くの蓮青寺というこぢんまりとした寺が裏で阿漕な高利貸しを続けているという噂を聞く。数日後、その蓮青寺に盗賊が入るが、それはかつて借財のせいでお家断絶に追い込まれた旗本の息子の仇討ちでもあった。事前に状況を察知した杢之助は浪人の榊原真吾とともに現場に乗り込み、旗本に助勢する。しかしその時、逃げ延びた盗賊の一人に必殺の足技を見られたらしい。その後、杢之助の過去を知った男が木戸番小屋に…。新たな身の危険にどう対処するか。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

4

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください