木戸の悪党防ぎ

大江戸番太郎事件帳19

広済堂文庫

喜安幸夫

2011年5月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

木戸番・杢之助の住む左門町に市ヶ谷の老舗割烹のあるじが通う妾宅がある。杢之助はそこに住む女のもとに不審な男が何度が出入りするのに気づく。口入屋の人宿を塒とするその男の身辺を探るうち、杢之助は大店を狙う盗賊の一味ではないかと疑念を抱く。そんな折り、家康公から賜った拝領刀が盗まれ、それを種に旗本屋敷が強請られるという事件が起こる。二つの事件の意外な結びつきを知った杢之助は、岡っ引の源造や浪人の榊原真吾たちとともに密かに悪党どもを始末するための策を練る。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください