草侍のほほん功名控(梅の里兵法指南)

広済堂文庫

高橋和島

2011年8月31日

廣済堂出版

660円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

伊勢の片田舎から江戸へ出てきた長坂小平太は、関東郡代の役人として働き始めた。そんなある日、梅が咲き誇る根岸の里で、五千石の大身旗本の娘・弥江と知り合った。弥江は雑草のように逞しい小平太に好意を抱き、家に引き篭もってばかりの軟弱な弟の源之助を鍛えてほしいと願った。早速、剣術指南役についたが、御曹司の源之助は、小平太を軽輩とみくびって言うことをきかなかった。だが…。軽妙洒脱な筆で綴った青春時代小説シリーズ、待望の第二弾。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください