妖怪十手

廣済堂文庫

和久田正明

2014年5月31日

廣済堂出版

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

岡っ引きの三次は、万年金欠で恋人もなく、三度の飯にも事欠き、長屋のお隣から漂う魚の焼ける匂いで空腹を満たす冴えない日々を送っている。ある日、寺からもらいうけた薄汚い布団で寝ていると、どこからか幼い兄弟の声で奇妙な話が聞こえてきた。それは毎晩続き、寝不足でふらふらしていると、町で屈強な浪人に「死相が出ている」と預言され…。とぼけた岡っ引きと三次と、妖魔につけ狙われる剛腕の浪人・雨星幻十郎が繰り広げる、痛快退魔活劇!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください