あやかし絵師

廣済堂文庫

森山茂里

2014年7月31日

廣済堂出版

693円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

妖怪画『百鬼夜行』で世に知られる浮世絵師・鳥山石燕は、若かりし頃からなぜか、あやかしが視えた。ある日突然、外見だけは可愛らしいお稚児姿のあやかし・白児が屋敷に迷い込んできた。白児は、実は師匠の犬神さまに破門されるほどの、とんでもない悪戯好きだった。そんな白児との間に芽生えた奇妙な友情に導かれて、石燕は江戸のさまざまな怪事件に巻き込まれていく。江戸随一の妖怪絵師・石燕の秘密が、今明かされる!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

3

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください