大江戸巨魂侍(12)

大坂城の幽女

廣済堂文庫

鳴海丈

2017年3月31日

廣済堂出版

712円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

巨城魂之介は、大坂の新町遊廓で美女と遊んでいたが、警固役人から大坂城に怪事件が起こっていると聞く。その直後に役人は殺され、魂之介も闇討ち屋に襲われた。役人の未亡人に仇討ちを約束した魂之介は、大坂城に鬼面の女が出没していると知った。鬼女を捕らえて、豪根で責めると、怪商の天満屋に頼まれたという。天満屋が匿う「姫様」とは何者か。大坂夏の陣に絡む驚天動地の真実とは!?将軍家の一大事に、魂之介の破邪の豪剣が唸る!!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください