Cの悲劇

長編推理小説

カッパ・ノベルス

夏樹静子

1989年9月30日

光文社

757円(税込)

小説・エッセイ / 新書

芦田和賢と千巻は、もうすぐ結婚十年を迎える。和賢はコンピュータのシステム・エンジニアで、在宅勤務も認められている高給取り。千巻はテニスのコーチをしている。東京の西の郊外府中市の閑静な一戸建てに住み、子供のいない分、優雅な生活だった。“好事魔多し”-34歳になったばかりの千巻は、この先、戦慄の罠が待ち伏せていることに気づかなかった。不審の初めは、夫を渋谷の小さなホテルで見かけたことだった。さらに隣りに一人者の男が越してきて…。その2カ月後、思いもかけぬ、おそろしい事件が…!愛するが故に陥いる運命の罠。愛は幸福な罠?ミステリーの名手が『Wの悲劇』『Mの悲劇』に続き書き下ろした、渾水のサスペンス秀作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

0

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください