希望難民ご一行様

ピースボートと「承認の共同体」幻想

光文社新書

古市憲寿 / 本田由紀

2010年8月31日

光文社

946円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

最近、「コミュニティ」や「居場所」は、若者や生きづらさを抱えた人を救う万能薬のように語られることが多い。しかし、それは本当なのか。本書は、「世界平和」や「夢」をかかげたクルーズ船・ピースボートに乗り込んだ東大の院生による、社会学的調査・分析の報告である。なんらかの夢や希望をもって乗り込んだはずの船内で、繰り広げられる驚きの光景。それは、日本社会のある部分を誇張した縮図であった。希望がないようでいて、実は「夢をあきらめさせてくれない」社会で、最後には「若者に夢をあきらめさせろ!」とまで言うようになった著者は、何を見、何を感じたのか。若者の「貧しさ」と「寂しさ」への処方箋としてもちあげられる「承認の共同体」の可能性と限界を探っていく。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstarstar
star
3.75

読みたい

2

未読

0

読書中

0

既読

15

未指定

17

書店員レビュー(1)
書店員レビュー一覧

古市憲寿+本田由紀「希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想」

--
0
2019年12月24日

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください