「ネットの自由」vs.著作権

TPPは、終わりの始まりなのか

光文社新書

福井健策

2012年9月30日

光文社

814円(税込)

科学・技術 / 新書

日本国内の議論を二分する、TPP=環太平洋経済連携協定への参加協議。現在、先行する参加国間で深刻な対立を招いている分野の代表格が、著作権・特許などの知的財産だということはあまり知られていない。流出した米国政府のTPP知財文書には何が書かれているのか?その「真の狙い」とは?アメリカやEU各国で大きなうねりを見せた「ネットの自由」への希求、躍進する「海賊党」の存在、グーグルやアップルなど、「新たな立法者=国際プラットフォーム」などの動向も踏まえながら、情報社会における最適なルールメイクのあり方を第一人者が考える。巻末にTPP知財リーク文書抄訳を公開。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(1

starstarstarstar
star
4.7

読みたい

0

未読

0

読書中

2

既読

5

未指定

8

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (1)

kojongsoo8318

인터넷의 자유와 저작권

starstarstarstar
star
4.7 2020年06月07日
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください