戦争の社会学

はじめての軍事・戦争入門

光文社新書

橋爪大三郎

2016年7月14日

光文社

902円(税込)

人文・思想・社会 / 新書

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(4

starstar
star
2.75

読みたい

2

未読

2

読書中

0

既読

17

未指定

25

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー (2)

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2020年10月25日

戦争とは、相手をわれわれの意志に従わせるための、暴力行為である。 戦争とは、暴力によって、自分の意志を、相手に押しつけることである。 (クラウスヴィッツ 『戦争論』) Der Krieg ist also ein Akt der Gewalt, um den Genger zur Erfullung unseres Willens zu zwingen. 戦争の目的は、講和条約に調印させることである。武力の行使は、そのための手段にすぎない。(P.135) 戦争とは他の諸手段による継続した政治以外の何ものでもでもない。 犠牲者をなくした。しかし戦闘はやりたい。 それなら、戦闘そのものを無人化すればよい。戦闘ロボットである。(P.328) 何故戦争はなくならないか?人間のエゴと征服欲があるからだろう。

全部を表示

Readeeユーザー

(無題)

starstarstarstar 4.0 2019年05月25日

戦争とは、相手をわれわれの意志に従わせるための、暴力行為である。 戦争とは、暴力によって、自分の意志を、相手に押しつけることである。 (クラウスヴィッツ 『戦争論』) Der Krieg ist also ein Akt der Gewalt, um den Genger zur Erfullung unseres Willens zu zwingen. 戦争の目的は、講和条約に調印させることである。武力の行使は、そのための手段にすぎない。(P.135) 戦争とは他の諸手段による継続した政治以外の何ものでもでもない。 犠牲者をなくした。しかし戦闘はやりたい。 それなら、戦闘そのものを無人化すればよい。戦闘ロボットである。(P.328) 何故戦争はなくならないか?人間のエゴと征服欲があるからだろう。

全部を表示
Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください