沃野の伝説(下)

長編推理小説

カッパ・ノベルス

内田康夫

1997年3月5日

光文社

859円(税込)

小説・エッセイ / 新書

坂本義人殺害事件、長野県経済連のヤミ米横流し事件、そしてこの二つの犯罪の容疑者・阿部隆三の失踪…。ヤミ米市場が事件解明の鍵と気づいた名探偵・浅見光彦は、ヤミ米の流通経路を追い、新潟そして山形県酒田市へ。同じころ、阿部の娘・悦子も、失踪直前の阿部がある調査を依頼した人物を探し求めて、酒田にいた。だが、その人物・遠藤までが、浅見と悦子が訪ねた直後、殺害される!さらに長野でも新たな被害者が…。暗躍する凶悪な組織に浅見の推理は、はたして!?米穀産業に潜む、巨大な謀略とは!!著者会心の社会派推理大作、堂々の完結。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください