墓に登る死体

長編推理小説

カッパ・ノベルス

浅黄斑

2000年3月31日

光文社

900円(税込)

小説・エッセイ / 新書

神戸市内、五色塚古墳の頂に、男性の変死体が…。被害者は「恨古王」という謎のメモを遺していた。身元はすぐに割れ、複数の容疑者が浮かんだが、彼らは死体を絶対に墳墓上に置けないと、アリバイが成立。捜査本部はついに解散に追いこまれる。一年後、兵庫県警は、特別継続捜査班を新設。警部に昇格した篝俊輔は、神奈川県警からそのスポックの班長として神戸に赴任した。公募した部下とともに、篝警部は全く新しい発想と鉄の結束で、迷宮入りした五色塚古墳の不可能犯罪に挑む!気鋭が構想新たに書き下ろした警察ミステリーの白眉。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください