倉敷殺人事件

長編推理小説

光文社文庫

内田康夫

1988年4月30日

光文社

607円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

「タカハシノヤツ…」深夜、新宿で殺された滝沢武彦が遺した死の伝言!現場に居合わせたOL草西英のある情報で捜査する岡部警部は、人格者と謳われた滝沢に不正経理の疑いをもった。2日後、倉敷で起きた青酸カリ殺人との結びつきは?警部は明快な推理で、ある男を追いつめるが、彼には鉄壁のアリバイがあった…。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

1

読書中

0

既読

8

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください