禁じられたソナタ(上)

長編ホラー小説

光文社文庫

赤川次郎

1988年12月1日

光文社

481円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

日本楽壇の大御所・飛岡栄一郎は臨終の際、「送別」と題したピアノソナタの楽譜を孫娘の有紀子に贈った。「決して弾いてはならない」という謎の遺言とともに…。有紀子は幻の傑作を託されて戸惑い、楽譜を密かにしまいこんだが…。呪われたソナタが紡ぎだす恐怖のメロディ!ファン待望、赤川版正統ホラー小説の長編力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください