女鑑識官

連作推理小説

光文社文庫

草野唯雄

1989年9月1日

光文社

491円(税込)

小説・エッセイ / 文庫

志賀洋子、27歳、鑑識官。冷静な観察眼と、女性ならではのカンで、様々な難事件を解決に導く…。人気歌手・武田博が毒殺された。スターの死に錯綜する動機。しかし、洋子の目は1本のビデオテープにとまった。(「針」より)あえて書下ろしで連作短編発表。ニュー・キャラクター・女性鑑識官の活躍を描く事件ファイル力作。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください